こんにちは。サイト担当です。

IT技術者の皆様が使用している「職務経歴書」は、いわゆる「履歴書」と違いかなり重要なものですよね。いくら立派な職歴をお持ちでも、書類選考が通らなければ、次の仕事に就くことはできません。

スキルサーフィンでは、ただの所持スキルを並べているだけのスキルシートのようなものはお勧めしておりません。「IT技術者なんだから自分の所持スキルが伝われば十分」という人もいらっしゃいますが、逆を言えば、自らを「技術だけの人間」としてしかPRできていないのではないでしょうか。

開発規模にもよりますが、全てのことを一人で担当する案件というのはなかなか無いでしょうし、お客様先に常駐する以上、必ず誰かと一緒に仕事をすることなるはずです。お客様先では既にプロジェクトがスタートしており、追加のメンバーを募集しているのかもしれません。もしくは、新たにプロジェクトが発足され、同時に多くのIT技術者を集めているところかもしれません。
そんな時、採用担当者(お客様)が確認したいのは、皆さんがどんな立場で、どのような意識を持って仕事をしてきたか、ということなんです。

スキルサーフィンではスキルカウンセリングを行っていますが、そこでも多くの苦労話を伺っています。「人の入替わりが激しく苦労したがこんな方法で対処をした」「プロマネとメンバーに挟まれて大変だったけどプロジェクトを無事に完遂させた」などなど・・・。
また、目的意識を持って業務に就いていたか、ということも伺います。目の前の作業にとらわれず、「結果としてこれは何が出来上がるのか。」「出来上がると、どのようなサービスを提供することになるのか」ということを意識することは、とても重要です。
そんな、なかなか人に伝わりにくいもの一つ一つが、IT技術者である皆さんの目に見えない隠れたスキルになっていると思います。

採用担当者が聞きたいのも、同じです。どんな開発現場でも、少なからずトラブルは発生すると思いますが、そんな時、自発的にどんなふうに行動したのか、行動できるのか、という事を伝えるほうが、所持スキルを並べるよりもずっと大切です。

「採用担当者と顔合わせすればその辺はうまく説明しますよ」という方もいらっしゃるでしょう。でもその前に書類選考を突破せねばなりません。そのためには、まず職務経歴書でPRすることが大切です。皆さんの目に見えない隠れたスキルを、職務経歴書で表現しませんか。

スキルサーフィンでは、単にスキルや経験を並べたものではなく、参加してきたプロジェクトに対して、あなたが「何を成し遂げ」、「どのような効果」をもたらしたのか、と言うところに重点を置き、それを「職務経歴書」という形でまとめたものを記載していただいております。

スキルサーフィンにご登録頂きますとサンプル経歴書をダウンロードできるほか、書き方のご説明も閲覧できるようになっております。もちろん、スキルカウンセラーからアドバイスさせていただく事も可能です。一緒に、職務経歴書を完成させましょう!
詳しくは「職務経歴書の書き方」をご覧下さい。